スノートレッキング

スポンサードリンク

冬でもトレッキングは楽しめる

トレッキングに詳しい方はご存知だと思いますが、スノートレッキングとは歩きにくい雪の中を敢えて選んで歩くことを言います。
雪の季節にしか楽しめない景色を、比較的標高の低い雪山を選び歩きます。
一面の銀世界の中を歩くのは、きっと普段は味わえない気分を楽しむことができるでしょうね。

 

スノートレッキングの魅力は、スキーやスノボーなどのような特別な技術がなくても楽しめるというところです。でも歩きなれない雪の中を歩くので、想像以上に体力は消耗すると思いますので、ある程度の覚悟は必要だと思います。
また、初めて雪山でスノートレッキングを行うという方は、一面銀世界で真っ白の雪景色は方角が分からなくなり道に迷うことも多々あります。スノートレッキングのコースをよく理解しているガイドさん等に同行してもらうようにしたほうが安全です。
雪の無い山歩きでも危険はたくさんあるので、それが雪山となるとさらに危険度は高くなるのですね。安心して楽しむためにも、素人だけでのスノートレッキングは絶対に避けるようにしましょう。

 

樹氷やダイヤモンドダストが魅力

スノートレッキングの楽しみは一面の雪景色を楽しめることにありますが、運がよければ樹氷やダイヤモンドダストなどを見る事もできます。雪山でしか出会えない景色を、満喫できると良いですね。
でもこれらは運が良い場合に見ることができるのであって、時には急な天候悪化の為、予定よりも早く切り上げなければいけない場合も出てきます。
山の天候というものは変化しやすいため、運が悪ければ雪景色を楽しむことなく帰らなければいけないということも覚えておきましょう。

 

スノートレッキングに独特の装備

ただ歩くだけだからといっても、スノートレッキングを行う場合には、その服装にも十分配慮が必要となります。
寒い冬に楽しむスノートレッキングですが、歩いているうちに思いのほか汗をかいてしまいます。トレッキング中に脱ぎ着して調整ができるように、薄手の服を何枚か重ね着するようにしましょう。
アンダーウェアには、吸水性と速乾性に優れた素材のものを選ぶようにします。綿素材のものは吸水性がありますが、一度濡れると乾きにくい素材でもあるので、特にジーンズなどの厚手のものは避けるようにします。
濡れたままの服を着ていると、体が冷え始め危険な場合もあるので注意しましょう。
またお天気の良い日は真っ白な雪はとても眩しいものです。目の保護の為にもサングラスやゴーグルなどを着用するようにします。
雪焼けも心配されますので、日焼け止めを塗っておくといいでしょう。寒さから身を守るために、耳まで隠れる帽子や手袋なども必要ですし、雪が靴の中に進入するのを防ぐためのスパッツも、忘れずに着用するようにしましょう。
雪山を歩く場合にはカンジキを使うと比較的歩きやすくなり、スキー用のストックも用意しておくと体を支えられて便利です。
近頃は愛犬と一緒に行うスノートレッキングのツアーなどもあり、好みや経験値に合わせてコースを選択することもできるようです。

スノートレッキング関連記事