トレッキングザックの選び方

スポンサードリンク

機能と役割で選ぶ

トレッキング用のリュックサックを登山用品店で眺めるのが楽しくて、用事も無くスポーツ用品店などを回るのが趣味の一つになり始めている今日この頃。
同じような趣味を持っている人が読んでくれていることを期待して、サイトの記事を書いています。

 

パーツの機能を知ろう

トレッキングリュックには外側に様々なパーツがついていて、それぞれに大事な役割があります。最近では機能だけでなく、見た目も重視されておりオシャレなリュックサックが多いですね。
付いているパーツの多くは、背負ったときに背中にジャストフィットし、重い荷物を背負いやすくするための機能に大切なものばかりです。

 

・ショルダーベルト
・ウェストベルト
・ポケット
・ゴムストラップ
・そのほかの調節ベルトなど

 

一昔前には、大きなサイドポケットが付いたものが流行りました。
どのリュックサックをトレッキング用に選ぶのか迷ってしまいますが、選び方でポイントになるのが自分にとって必要な機能なのか、不要な機能なのかを見極めることです。
トレッキングザックは目的に合った収納力と機能、そして背負ったときの背中へのフィット感が大切です。

 

大きさは肩幅と比較

トレッキングリュックの選び方のポイント、リュックサックは自分の肩幅より狭い横幅のものを選びましょう。サイドポケットは一見便利そうに見えますが、荷物を入れると横方向に出っ張るので、狭い登山道では他の登山者とすれ違うときに、邪魔者以外の何者でもありません。
木の枝にひっかることもあるし、岩の間を通るときにその隙間を通れないなんて情けないこともありました。

 

ジャストフィットが一番大事

次のポイントはリュックを背負ったときのフィット感
トレッキングでは自分の荷物は自分で背負い、長い行程を自分の足で歩きます。自分の体にあっていないリュックだと肩がこすれたり、疲れやすくなったりします。
そのため、トレッキング用のリュックサックには様々な調節用のベルトが付いており、歩く振動でリュックサックが不必要に揺れて疲れが倍増するのを防いでくれます。
しかし、必要以上に大げさな厚いパッドや、ベルトはリュック自体の重量も増してしまい、かえって疲れやすいリュックサックになってしまいます。
購入の際は、実際に背負ってみて適正な調節で背中にフィットするものを選びましょう。
背面長の調節できるリュックサックもあります。どんな体型の人にもジャストフィットするよう調節できるのですが、複雑な構造をしており、その上重量が増すので、トレッキング初心者にはあまりお勧めできません。

 

トレッキング初心者がリュックサックを選ぶときには、『シンプル イズ ベスト』
フィッティングと機能、そして容量のチェックを大切にしてください。

トレッキングザックの選び方関連記事