トレッキング用雨具

スポンサードリンク

必携雨具はレインスーツ

トレッキングに雨具は欠かすことのできない装備のひとつです。山の天気と女心と喩えられるほど、山の天気は変わりやすいのが特徴です。出発時には雲ひとつ無い快晴でも、途中土砂降りの雨にあうということは良くあります。雨降りにあわなくとも、標高の高い山へのトレッキングでは、道中、霧が出てくることもあります。
雨ぐらい平気だと思われるかもしれませんが、濡れるということは想像以上に体力を奪ってしまうものなのです。体温はもちろんのこと、衣服が濡れることで重量が増してしまいます。トレッキングは一にも二にも体力勝負。日帰り登山であっても、万が一を考えて、雨具は必携しましょう。

 

トレッキングに最適な雨具

それではどのような雨具がトレッキングに適しているのでしょう。
通常のレインウエアやレインコートで十分だと思うかもしれませんが、雨の水分と体温とで強烈に蒸れてしまいます。
折り畳み傘は、片手の自由を奪ってしまうので論外。
また、突然の雨の後、すぐに快晴なんてこともありますので、着たり脱いだりが簡単にでき、ほかの荷物を濡らさないよう早く乾燥してくれる素材がベストです。
そんな都合の良い雨具が、ゴアテックスという素材でできたレインウェアです。
通気性と防水性を両立した素材であるゴアテックスは、開発当初はテント用の素材として使用されていましたが、現在ではブーツやレインスーツ、また風も通さないためウィンドブレーカーの素材としてもよく利用されています。
トレッキングウェアにゴアテックス製のウィンドブレーカーを着るというのが、最も簡単な雨対策でしょう。トレッキングパンツもゴアテックス製にしておけば安心です。

 

ゴアテックス製品は価格も高価なので、どうしても手が出ないという方は、レインウェアを選ぶときに、上下セパレートのレインウェアを選びましょう。
雨量に応じて、上着だけを着たり、パンツだけを履いたりと着替えが簡単にできます。

 

あると便利、その他の雨具

頭には、帽子を用意しておくと便利です。
レインウェアやウィンドブレーカーには雨除けようのフードがついていますが、ザックを背負っているので、荷物に引っ張られてしまったり、反対に視界を覆ってしまうことがあります。キャップ、つば付の帽子の上からフードを軽くかぶるようにすれば、目に入る雨を防ぐことができる上に、後ろに引っ張られたり、蒸れたりすることが無く、快適に雨のトレッキングを楽しむことができます。

トレッキング用雨具関連記事