トレッキングボトル

スポンサードリンク

水分補給は大事なテクニック

トレッキングに欠かせないアイテムの一つにトレッキングボトルがあります。
このトレッキングボトルとは名前の通り、トレッキングの途中で水分補給ができるように飲み物を入れて携帯するためのボトルのことを言います。長い時間歩き慣れない地面を歩いていると喉が渇き、また汗をかいて体内の水分が失われてしまうので、トレッキングに出かけるときは必ず持って行くことをお勧めします。

 

機能満載トレッキングボトル

トレッキングボトルはアルミ製の物がほとんどで、300〜350ミリリットル程度の容量のものが適していると思います。逆にあまり大きなサイズのものは重たくなってしまうので、トレッキングに携帯するには相応しくありませんよね。飲み口がネジ式のキャップになっているものが多く、簡単に水分を補給できる工夫がされています。

 

基本的には保温・保冷といった機能がないものが多いようですが、トレッキングボトルカバーを装着したり、ステンレス製のコールドトレッキングボトルなどには保冷機能があり、飲み物を冷たいままで保つこともできるようです。
ペットボトルの飲みものを携帯すれば便利だし事足りるようにも思いますが、トレッキングには足を滑らせての転倒などがつきものです。丈夫に作られているトレッキングボトルの方が、安心して飲み物を携帯することができるのです。
またトレッキングボトルのキャップ部分にホルダーを通せば、リュックやバッグなどにも取り付けることができるのでとても便利です。喉が渇くたびにリュックやバッグなどから取り出さなくてもさっと飲むことができるので、トレッキングにはもってこいのアイテムだと言えます。

 

購入時のワンポイントチェック

購入する場合には衛生面を考慮して、ボトル内部が抗菌コーティングされたものを選ぶとさらに安心して使えますね。また最近はとてもオシャレなものや可愛いデザインのトレッキングボトルも増え、持ち歩いていても見栄えが良いものがほとんどです。
自宅で作ったお茶などを入れて携帯できるのでエコにもなり、エコロジカルやロハスといった方たちの間でも、トレッキングボトルは普段使いとして話題になっています。

 

女性用にデザインされたものには、キラキラ系のラメ入りのものも登場しています。デザイナーの方がデザインしたトレッキングボトルも人気で、今では山歩き以外での用途のほうが増えていると言ってもいいかもしれませんね。トレッキングボトルは雑菌が内部で繁殖してしまわないように、使用するたびに綺麗に洗うようにしましょう。

トレッキングボトル関連記事