トレッキングバイク

スポンサードリンク

トレッキングバイクとクロスバイク

トレッキングバイクというものをご存知でしょうか?
トレッキングの経験者の方はご存知の方も多いと思いますが、クロスバイクというネーミングでの呼び方が定着しているかもしれません。また各メーカーによっては、コンフォートバイクという呼び名で呼ばれている場合もあります。

 

トレッキングバイクの特徴

ごく一般的に知られているトレッキングバイクの特徴を紹介してみると、ハンドルはフラットなものが多くタイヤ系は700Cで28〜35ミリ程度のタイヤ幅が主流となっているようです。しかしこれらの特徴も、各メーカーごとに違っていますので、これという規定がないのも事実のようです。

 

トレッキングバイクと聞くと、山道や舗装されていないオフロードを走行するためのバイクというイメージが強いですが、どちらかというと実は通学や通勤時・普段のサイクリングなど、街中を走ることに向いていると言えます。これはちょっと意外だったかもしれませんね。ネーミングだけ聞くと、アウトドアで険しい道を走るためのマウンテンバイクのような自転車を想像してしまいますよね。

 

オールシーズン対応のスポーツ自転車

トレッキングバイクは色んなシーンに対応し、思いのほか手ごろなお値段で購入できるものが多く、スポーツ自転車初心者の方にも安心して楽しんでもらえるのが人気の秘密となっているようです。
各メーカーやどんなモデルのトレッキングバイクかによっても、装備されている性能が全く違ってきますので、どのような目的のために使用するのかを初めによく考えて、自分にあったトレッキングバイクを購入するようにしましょう。

 

価格やデザイン面だけを重視して購入したけれど使用目的には全くそぐわなかった・・・となると、せっかく購入しても無駄になってしまいますよね。
近頃は通信販売やインターネットを利用して購入もできますが、自分の体格に合っているか、乗り心地はどうなのかということまでは確かめることができませんので、実際に店頭で乗って確かめてから購入することをオススメします。

 

メンテナンスも考慮してお店から選ぶ

トレッキングバイクは体を起した状態で乗る自転車なので、女性の方や中高年の方でも無理なく乗ることができるようです。
いつでも出向ける近場の自転車屋さんで購入したほうが、後々のメンテナンスなどを考えた場合、結局は納得の行く買い物ができると言うものです。
また自分オリジナルにカスタマイズしたい場合なども、気軽に相談できるのでいいですよね。

 

最近のトレッキングバイクは、普段使いで使用されることも増えていますが、実際にトレッキングにチャレンジしてみたいと思う方もいるでしょう。
トレッキングで使う場合は、トレッキングアイテムのグローブやヘルメット・予備のチューブなどを揃える必要がありますので、トレッキングを行っている人やショップの方に相談してみるといいでしょう。

トレッキングバイク関連記事